PR

抑毛とは毛を目立たなくする事!男性に人気の脱毛法!

脱毛
この記事は約4分で読めます。
当サイトはPR提携をしています

抑毛(よくもう)とは主にムダ毛を目立たなくする事を言います。脱毛業界の言葉で専門用語だったのですが、最近では一般向けにも「抑毛」の言葉を使う事が多くなってきました。
具体的にムダ毛を目立たなくする事とはムダ毛が薄く細くなったり、ムダ毛の量が少なくなったりする事です。
また、ムダ毛の量を少なくする事を目的にした脱毛方法は「減毛(げんもう)」とも呼ばれます。
「抑毛」はムダ毛を細くするだけでなく、元々産毛などの部分は毛が生えなくなる事もある為「減毛」を兼ねているとも言えますね!
女性の場合は無いほうが好もしいので目立たなくするのではなくて永久的に無いほうが良いと思いますよね!
しかし、男性の場合は永久的な脱毛は気持ち悪く、且つムダ毛が多すぎるのも気持ち悪いと思われますよね^^。そのような理由で「抑毛」を希望する人の多くは男性が多いようです。

チェック!「抑毛方法」は2通りある!

「抑毛」をする方法は大きく2通りあります。1つは自分でムダ毛の処理をした後に専用の「抑毛ローション」や「抑毛クリーム」などを地肌に刷り込んで毛根細胞を弱らせてムダ毛発生を抑制させる方法です。
もう1つは毛根を弱らせたり死滅させる事が出来る脱毛方法のレーザー脱毛や光脱毛(フラッシュ脱毛)などを数回繰り返す事で実現出来ます。
脱毛を繰り返す方法の「抑毛」のほうがはるかに効果は大きく確実に「抑毛」が出来ます。
クリームやローション系の抑毛商品はムダ毛が普通か薄い人の場合はある程度効果があるようですが、太くしっかりとしているムダ毛、濃いムダ毛の場合は大きな効果は期待出来ません。
女性の場合で元々細いムダ毛の場合は効果が高くそれ以上に薄くなったり少なくなったりします。
男性の場合は抑毛商品などではムダ毛が元々普通よりも細い人でないと目で見える効果は期待出来ない事が多いです。

これはあくまで個人差などの問題もある為絶対とは言えませんが、確実に「抑毛」をしたい場合はレーザーや光脱毛などの毛根を退治させるタイプの脱毛を数回繰り返す事がベストです!

抑毛が出来る本格的な毛根脱毛方法は2通りある!

毛根脱毛とは毛根にアタッチメントをして弱らせたり死滅させる事が出来るタイプの脱毛方法です。
この方法が出来る脱毛の種類は「レーザー脱毛」と「光脱毛(フラッシュ脱毛)」があります。
どちらも光の波長を使って黒い色素に反応させ、毛根を弱らせる(死滅させる)方法です。
レーザー脱毛の光の波長は単一波長で波長の幅が狭いが威力は高いのが特徴です。
光(フラッシュ)脱毛の光の波長は複合波長で幅が広いので1回の照射で広範囲の施術が出来るのが特徴です。
また、光(フラッシュ)のほうが、光の幅が広い分、痛みもレーザーに比べて弱いのがポイントです。

確認!抑毛が出来る2つの毛根脱毛法

 

レーザー脱毛 単一波長で照射ポイントが狭いが、効果は高い。光(フラッシュ)で効果を得られない場合にオススメ
光(フラッシュ)脱毛 波長の幅が広く1回の照射範囲が広く効率的。痛みもレーザーほど強くない。多くの人が抑毛に成功。繰り返す事で「不再生毛」にも出来る

これらの脱毛をするには、さらに2つの選択があります。
①通うタイプのエステサロン(クリニック)型と家庭内で自分で施術するタイプの②本格家庭用脱毛器使用型です。
確実に安全に「抑毛」したいなら「エステサロン(クリニック)」を選ぶべきです。
またエステや美容クリニックに通う事にはどうしても抵抗がある場合は自宅でこっそりと施術出来る「家庭用脱毛器」を選ぶべきですね!
さらに家庭用脱毛器のほうが、総合的な費用は安く上がるのもメリットの1つです。
どちらも「抑毛」の為には数回の施術が必要です。毛の太さが普通だったり毛の量も普通の場合は1回だけでも目に見えて薄くなったり毛の量も少なくなりますが、ムダ毛が太く多い場合は2回以上の処理が必要です。
処理の回数は1回処理した後のムダ毛の太さと量を確認して次も処理をするか決めるのがベストな方法ですね!
毛の太さが太かったり量が多ければそれだけ処理回数も多いと考えてくださいね!

チェック!抑毛が出来る方法を選ぶポイントまとめ

 

脱毛サロン(クリニック)を選ぶポイント 安心、確実に抑毛したい場合
家庭用脱毛器を選ぶポイント 他人に知られずに抑毛したい場合

コメント

タイトルとURLをコピーしました