PR

二段腹改善後やダイエット後の線やしわ・跡を消す方法!

この記事は約3分で読めます。
当サイトはPR提携をしています

二段腹になると線がお腹に出てくる場合があります。これは皮下脂肪が落ちてくると自然と消えます。
皮下脂肪のダイエット対策をする事で、皮下脂肪が取れればあとは内臓下垂のぽっこりしたお腹に戻ります。
この内臓下垂も治すには「トップページ」でも紹介しているように「姿勢を正しくして過ごす事」が重要です。
しかし、二段腹の解消後やダイエットに成功してお腹は通常のお腹なのに「線」や「しわ」などの跡が残る場合には、いくらそこから腹筋などでお腹を引き締める筋トレをしてもさほど効果はありません。
男性の場合で、特に気にしないならば「成功の証」となる程度で問題はありませんが、女性の場合でどうしても跡や線、しわなどが気になってしまう場合は「肉割れ対策クリーム」などで簡単に消したり、目立たなくする方法があります。
 

肉割れ系の対策商品を使用するとお腹のしわや線は消える!?

二段腹になって、それが改善出来ても長年の二段腹だった場合はその跡が残る事が多々あります。
また、それ以外でも急激に太った事による皮膚トラブルを起こす事もあります。さらに、急激に痩せた事でも皮膚トラブルは生じます。
ダイエットに成功しても、線やしわなどの跡が残ってしまうのは辛い事ですよね。
しかし、そのような線跡を消す事も出来るし、事前に使う事で予防する事も出来るので、線を消したい人や線の予防をしたい人は肉割れ系のクリームやジェルなどをダイエット実践中に使う事で消す事がベストです。
もちろん、実際に出来てしまった線やしわなども消したり、目立たなくなるさせる事が出来ます。
肉割れ系や妊娠線系の商品には非常に高い保湿成分が配合されています。これが皮膚に強い張りを与えてくれるのです。

チェック!お腹の線やしわ対策に使える商品


お腹に出来た線やしわなどの跡対策⇒「お腹の跡対策の商品

姿勢が良くなるだけでもお腹の線やしわを改善出来る事がある!

肥満解消後や二段腹などの解消後のお腹のしわや線などの跡は皮膚の伸びが原因です。
保湿成分が高いクリームやジェルが有効ですが、それ以外でも猫背などの姿勢が悪い状態の人は姿勢を正しくして生活するだけでもお腹の皮膚が引っ張られてしわや線などの跡が目立たなくする事が出来ます。
特に脂肪系の二段腹の場合は皮下脂肪がお腹に付く事だけでなく、悪い姿勢が原因で内臓下垂を起こしている事がほとんどです。
二段腹だとしても皮下脂肪対策のみで内臓を元の位置に戻していない状態のお腹はたるみが残り、線やしわが残る事があります。
姿勢が良くなる事で内臓を支える役割を果たしているお腹のインナーマッスル筋力を向上させる事が出来て内臓が元に戻ります。
また、骨盤に不可がかかっている事で内臓下垂が助長されていたとしても、正しい姿勢になる事で骨盤への負荷もなくなり骨盤も正常化する事が出来ます。
通常の腹筋運動をしてもお腹周りのインナーマッスル筋力は鍛える事が出来ません。
身に着けるだけで姿勢が自然と正しい姿勢になる「姿勢矯正商品」」を使うと意識しなくても自然に正しい姿勢になっているので効率性が高まります。
また、妊娠・出産がきっかけで骨盤底筋の低下が起こり骨盤のみに歪みや開きが起こり内臓下垂が起きている場合は「骨盤矯正」をして骨盤が正常になると戻ります。
妊娠出産の二段腹についての詳細は「妊娠出産での二段腹」にて記載しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました