PR

切開は禁物(埋没毛の処理)!ワキの埋もれ毛(埋没毛)改善対策

脱毛
この記事は約2分で読めます。
当サイトはPR提携をしています

脇の自己処理で起こる強烈な肌トラブルの埋没毛(埋もれ毛)は誰もが体験した事があるのではないでしょうか。
埋没毛の正体は毛が皮膚下で発展し、とぐろを巻いた状況になります。
ここの埋没毛(埋もれ毛)を見つけると気になって仕方がない!という女性は多いですよね!

自己処理が埋没毛(埋もれ毛)を発生させる事を知ろう!

ワキの埋没毛の原因は何かというと、カミソリや毛抜きでの安易な自己処理をした事にあります。
カミソリや毛抜きでワキのムダ毛をお手入れすると、肌や毛穴には細かい無数の傷が付いてしまいます。
このような傷がかさぶたになって、ムダ毛の出口を塞いでしまうのです。
さらにムダ毛は肌へ出ることができずに体の下で埋没毛(埋もれ毛)となります。
とくにワキの下の皮膚は薄く、傷付きやすそうな部位で埋没毛(埋もれ毛)が簡単にできるため注意すべきです。

埋没毛(埋もれ毛)を悪化させない事が大切!

埋没毛(埋もれ毛)ができても、絶対に触らない事です。悪化させないが鉄則になります。
埋没毛を見つけるとハリでほじったり、毛抜きで引っこ抜いてしまうという方も多くあるでしょうが止めるべきです!
雑菌やバイ菌が入り炎症を招く恐れがあるからです。

※どうしても気になるケースはスクラブケアとピーリングジェルマッサージをしてみて下さい。
そのような後、保湿ケアをすれば埋没毛(埋もれ毛)予防になります。

エステサロン(クリニック)や家庭用脱毛器で埋没毛を改善&予防出来る!

埋没毛(埋もれ毛)を根本的に補正する一番良好な鉄則はカミソリや毛抜きなどの安易な自己処理をやめる事です!
と言ってワキのムダ毛処理をしないなんてムリなので、肌や毛穴を傷付けずに行うムダ毛処理で埋没毛(埋もれ毛)を作らないようにしましょう。
それでオススメなのが肌や毛穴にダメージを与えない脱毛エステでのお手入れです!
脱毛エステでの脱毛は光の栄養をムダ毛にだけ働きかけ処理していくメソッドなので、肌を傷付けたりしません。
そのため埋没毛(埋もれ毛)だけではなく、ムダ毛の自己処理で起こる様々な肌トラブルも防いでくれます。
しかも、保湿ケアにも力をいれているので、自己処理でダメージを受けたワキを保湿成分配合のジェルで奥深くケアしてくれます。
埋没毛(埋もれ毛)の存在しないようなキレイなワキを目指すなら、脱毛エステでお手入れするのが良いでしょう。
エステサロンに通うのも良いし、家庭用脱毛器具を使うのも良いですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました