PR

朝起きた時のあの身体の痛みは改善されます!

病気・健康
この記事は約6分で読めます。
当サイトはPR提携をしています
さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

朝起きると「首や肩、腰、背中などが痛い!」という人は多いと思います。
私もそんな一人でした。

車ウサギ
車ウサギ

寝方が悪いのか?枕か?マットレスか?などいろいろ検証してみたりもしますよね。

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

そうそう!ここではそんな朝起きたら痛い!の解決方法を紹介していますよ!

車ウサギ
車ウサギ

たのしみでごんす!

朝起きると身体の一部が痛い原因

結果的に現在は改善されているのですが、朝起きると身体のどこかが痛いという原因をいろいろ調べてみました。
通っている整骨院の先生や、整形外科の先生にも聞いた見たり、ネットの口コミ等を読んでみたりしました!
1日とか数日くらいしか続かない場合は、「単純に寝ている体制が悪かった」という事になりますが、これが5日以上続くのなら、それは問題です!
単に寝違えたり、その時の寝方の悪さだけではないんです!
原因は①「寝方」②「血行不良問題」の2つがあります。
簡単に言うと、両方の問題が合わさって「起床時の痛み」が起きます。
朝起きて、首や肩、腰、背中が痛い場合のほとんどがこの「寝方・体制」+「血行不良」の問題になります。

朝起きた時の身体の痛みの原因
「合わない体制」+「血行不良」
最も重要な事は「血行不良」の問題です。血行が促進されている状態なら「合わない体制」で寝たとしても朝身体が痛む事はありません。
しかし、自分に適した体制で寝ていたとしても「血行不良」がある場合は痛みを伴う事もあるからです。
原因の順番としては1番が「血行不良問題」、2番目が「合わない体制で寝た事による問題」と考えましょう!
もしも、起床時から数時間後のみではなくて常時身体が痛い場合は上記の原因ではなくて「病気」が隠れている場合があります。
以下説明するのは「朝起きた時の身体の痛み」の原因で、昼頃にはその痛みは無くなっているか軽減されているのが基本です。

① 寝具用具などのマットレスや枕の問題

まず誰もが思いつく事だと思いますが、枕やマットレスなどの寝具用具が合っていないという問題です。
これも1つあります。
特に直接身体の触れる部位の「枕」と「マットレス」は合う合わないがあります^^。
ここで合わない枕やマットレスを使っていたとしても朝起きた時に身体の痛みが無い人のほうが多いのは事実としてあります。
それは皆「血行が良い状態にある」からです。
逆を言えば「血行不良」がない健全な身体の場合は、どんな場所で寝ても起床時に身体の痛みはほとんどありません。

子供は皆血行不良がある子供なんていないので、子供を見ると分かりますが、子供はどんな姿勢でどんな体制で寝ても朝起きた時に痛がる子供はいませんよね!

② 血行不良の問題

朝起きた時に身体の痛みの根本的な原因はこの「血行不良」の問題のほうがはるかに大きいです^^。
血行不良が起きている事で身体の部位が「硬化」するからです。
起きている時には痛みは少ないか、ほとんど無いのに起床時に痛みがあるのには理由があります。
寝ている間は起きている時と比べて身体の動きが少なくなるのは当然です。
しかし、この為に睡眠している時の血液循環は日中活動している時と比べて極端に少なくなります。
その血液循環が就寝時に特に少なくなる場所は疲労した部位と言われています。つまり動かす部位です。
動かす部位と言えば首や肩、背中、腰、です。この血流が少なくなる部位は血液が流れづらくなる事で「硬化」が起きます。
この「硬化」が起きている部位が寝ている間に負担がかかる事で朝起きた時にこの部分が「痛む」のです。
身体に負担がかかるとは「悪い寝方」「悪い体制で寝た」事によります。
しかし、起床して身体を動かし部位を動かすようになると自然に治っていきます^^。
結果、日中には痛みが軽減したり無くなったりするのはこの為です。

危険!?血行不良が原因の起床時の痛み!

起床時の痛みの原因で血行不良が大きく関わっていると、それはこれから大きな病気になる予兆の可能性もあります。
血行不良が原因の場合は、血液がドロドロの状態であると言えます。
そして起床時に血流が遮られる事で痛みを生じるレベルになっている場合は、血液が詰まる病気になる可能性があります。
具体的には脳の血液が詰まるなら脳梗塞系、心臓付近の血液が詰まるなら心筋梗塞です。
起床時の痛みのみなら血液サラサラ対策をしていれば十分に大きな病気は防げます。
血液サラサラにしたら、その後も毎日の運動と野菜中心の生活は当然必要ですね!

「朝起きた時の起床時の痛みの改善方法」は簡単です。
朝起きた時に身体の部位のどこが痛むかは関係ありません^^。
首や肩、背中全体、腰だろうが、朝起きた時に痛んで、昼間は自然に治っているか、軽減されているならそれは「血行不良」の問題が起きているという共通の原因があるからです。
ここに「合わない体制で寝ている場合」「悪い体制で寝ている」事で痛みを出します。

起床時の痛みの方程式

「血行不良」+「寝る体制の悪さ」=起床時の痛み
改善策は上記の朝の起床時の原因をそれぞれ対策すれば良いので①「血行を促進させる事」②「自分に合った良い姿勢で寝る事」です。

血行促進グッズと「正しい姿勢で寝れるグッズ」を使う!

最も短期間で効果的に「朝の起床時の身体の痛みを改善する方法」は、「血行促進の商品」と「正しい姿勢で寝れるグッズ」を購入する事です。
血行促進で最も効果的なのは血液がサラサラになる「血行促進系サプリメント」が効果的です。
また、正しい姿勢をサポートしてくれる商品は「高反発マットレス」「寝る姿勢を研究開発したような機能的な枕」です。
ただ、デメリットとしてこの良い姿勢で眠れる商品はほとんどが「高額」です^^。

費用に問題があるなら、一番手っ取り早いのが安価で使える「血行促進系のサプリメント」を使い、姿勢は出来るだけ良い姿勢を心がけて寝る事ですね^^
血行不良さえ治れば悪い姿勢で寝たとしても身体の痛みは生じません!1つに絞るなら断然「血行促進系サプリメント」を使う事です!

ランキング1位抜粋!「血行促進サプリ」+「痛みを無くす寝具類」

朝の起床時の身体の痛みを治す為に必要な「血行促進」のサプリメントともう1つの原因である「悪い姿勢で寝る事を防いで痛みを無くす寝具」ランキング1位を抜粋しています^^。

血行促進系サプリメントのランキング1位抜粋!

 

DHAサプリメント【きなり



DHAとEPAを凝縮させた血液サラサラサプリメント
内臓脂肪や中性脂肪、コレステロールを減少させる対策としてのサプリメントでしが、現在では血液サラサラを目指す人に人気のサプリメントでもあります。
価格ポイント評価
1980円(初回)世界が認めたDHAサプリ。
血液循環の促進サプリメントとして有名!


 

痛みを無くす寝具(マットレス)のランキング1位抜粋!

 

13層やすらぎマットレス

 
 
腰痛、ヘルニア持ちの方に高い評価があるマットレスですが、朝の起床時の痛みが無くなったとの口コミも寝具類では最も多いのが特徴です^^。
 
 
 
 
 
テレビや雑誌での紹介歴が多数の有名商品です。
しかし、価格も高額なので費用と相談しながらの購入ですね^^。
価格ポイント評価
98000円~テレビや雑誌などの紹介歴が非常に多い有名商品です。

 

痛みを無くす寝具(枕)のランキング1位抜粋!

 

スリープドクターズピロー

 
 
肩・背中までカバーする凹凸体圧分散加工で、頭部・背中の2パーツに分かれた2レイヤーフィット構造を使用している画期的な枕です^^。
 
 
 
まさに起床時の痛み軽減の為に開発されたような枕ですね^^
価格ポイント評価
29800円~背中までサポートする画期的な分散方式の枕。

 
正しい姿勢で寝て痛みを無くす寝具類は見ると分かるように「高額」ですよね^^。
オススメは安価で使える「血行促進系サプリメント」のみで改善させる事です。寝方は普通の枕とマットレスでも「血行が促進されて」サラサラの血液になれば「硬化」も起きず起床時の痛みも防ぐ事出来ますよ!^^

費用を出来るだけかけない事がポイントですよね!^^
費用に問題ない方は寝具類もセットで使うと効果倍増です^^

コメント

タイトルとURLをコピーしました