PR

ぷよぷよのお腹を改善・解消する方法!まずは原因を知ろう!

ダイエット
この記事は約13分で読めます。
当サイトはPR提携をしています
車ウサギ
車ウサギ

ぷよぷよお腹は外見も悪くなるし、身体は重いし、だらしなく見えるし、できるだけ早急に治したいんですが・・・。

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

なかなかぷよぷよのお腹が引き締まらない理由は、ぷよぷよになってしまった原因がつかめていないからです。

車ウサギ
車ウサギ

原因?

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

そう!
なぜ「ぷよぷよお腹」になってしまったのかを把握する事が出来れば、それに合わせた対策ダイエットをするだけで簡単にぷよぷよ状態のお腹から脱出する事が出来るんです!

ぷよぷよお腹の原因は全部で4種類!改善方法は原因別対策を!

お腹がぷよぷよお腹になってしまう原因は全部で4種類あります。

この4種類のうち自分がどの原因のぷよぷよお腹なのかを把握する事が出来れば改善方法は簡単です。その原因別のぷよぷよお腹の対策をするだけになります!
 
以下ぷよぷよお腹になる4つの原因です!

 

  1. 骨盤の歪みや開きが原因のケース
  2. インナーマッスル筋力の低下が原因のケース
  3. 悪い姿勢が原因のケース
  4. 単に皮下脂肪が付いた事が原因のケース

①骨盤の歪みなどによって起こるぷよぷよお腹

骨盤に歪みがある事で骨盤の上にある内臓が骨盤の歪みで下に下がります。

下がった内臓が下腹まで下がる事でお腹がぽっこりと出ます。さらに、ここに脂肪が付く事でぷよぷよのお腹になってしまいます。

骨盤が歪んだり開いたりしてしまう原因とは?

骨盤が歪んだり開いたりしてしまう原因は大きく2つあります。以下大きな2つの原因です。
 

チェック!骨盤が歪む原因

①妊娠と出産をする事で骨盤底筋が弱まる事があります。
この骨盤底筋が弱まった状態になると骨盤を支えきる底の筋力が低下している為に骨盤がズレたり、開いたり、下がったりしてしまいます。
②悪い姿勢が長期間続く事でも骨盤が歪みます。
猫背や悪い姿勢が続く事で、骨盤に負担がかかります。この負担が続き骨盤に歪みや開きが生じます。

ベストな解決方法は骨盤矯正をする事!

骨盤が開いたり、ズレたりしたときの骨盤矯正方法で最も簡単な方法が正しい姿勢で生活をする事です。

正しい姿勢は骨盤にダメージを与えません

正しい姿勢を続ける事で自然と骨盤へのダメージが減り、骨盤は正常な状態に戻っていきます。
姿勢の矯正をサポートする商品に姿勢矯正専用商品があります。

このような姿勢矯正をサポートする商品を使う事で骨盤矯正が簡単に出来て姿勢も良くなるので一石二鳥ですね!

②腹横筋と腹斜筋(インナーマッスル)の筋力低下によって起こるぷよぷよお腹

筋肉には外側の筋肉であるアウターマッスルと内側の筋肉であるインナーマッスルがあります。

そのインナーマッスルの中でも内臓を直接支える筋肉がお腹周りの内側にある「腹横筋と腹斜筋」と言われる筋肉になります。

この筋肉が筋力が低下する事によって内臓を支える事が難しくなり、内臓が下に垂れます(内臓下垂)。

この状態になるとお腹がぽっこりと出てしまいます。

このぽっこりと出たお腹は脂肪が付きやすく、すぐに脂肪が付きます。ぽっこりお腹に脂肪が付く事でぷよぷよのお腹になってしまいます。

腹横筋と腹斜筋が低下する原因は?

腹横筋と腹斜筋が低下する原因は大きく2つあります。以下2つが腹横筋と腹斜筋の筋力低下の原因です。

運動不足が主な原因

その中でも体をひねる動作がある運動が足りていない状態が腹横筋と腹斜筋の筋力低下に大きく関係しています。
腹横筋と腹斜筋を使うには正しい姿勢の場合か身体をひねる状態でこの筋肉を使用する事が出来ます。
大人になり体育の運動などが無くなるとこの筋力を使う環境が無くなる為に加齢で腹横筋と腹斜筋の筋力が低下すると考える人がいますが、実は使わない環境になる為にこの腹横筋と腹斜筋の筋力が低下します。
ウォーキングなどをする時は身体を意識して左右にひねりながらのウォーキングをすると腹横筋と腹斜筋を使う事が出来て、筋力が上がります。

 

悪い姿勢が原因

姿勢が悪い事でも腹横筋と腹斜筋の筋力は低下します。

 

背筋を伸ばしてピンと張るような正しい姿勢の場合は腹横筋と腹斜筋を使っています。
この筋力が低下する原因のもう1つが正しい姿勢をしていない事にあります。
特に曲がった姿勢、猫背姿勢などの人はこの腹横筋と腹斜筋が平均の筋力より弱い傾向があります。
もし、姿勢が悪いと人に言われた事があったり自分で意識しているなら姿勢を正して生活するだけでも腹横筋と腹斜筋を使用する事になるので次第に腹横筋と腹斜筋の筋力が上がり、内臓下垂を改善する事が出来ます。

 

特に姿勢が悪くないのに腹横筋と腹斜筋の筋力が低下している場合は①の原因の身体をひねる動作が生活で足りていない環境にあります。

 

意識して身体をひねる動作を生活に取り入れるだけでも改善できますので実践してみてください。

腹横筋&腹斜筋の低下の解決方法!

腹横筋や腹斜筋のインナーマッスル筋力をアップする為のベストな解決方法は着るだけアイテムや身に付けるだけアイテムを使う事です。

着るだけで腹横筋と腹斜筋を鍛える為に正しい姿勢を身体にインプットさせる姿勢矯正の商品を使用する事です。これで腹横筋と腹斜筋に筋力が付いて内臓下垂が改善されます。

また、お金を使いたくない場合は腹筋運動の時に身体をひねる動作を加える「インナーマッスル腹筋運動」を毎日定期的に実施する事でインナーマッスル筋力を付ける事が出来ます。

また、もっと楽に改善したい場合は意識して姿勢を正して生活をするだけでもお腹のインナーマッスルを使う事が出来るので時間はかかりますが、自然とインナーマッスル筋力が上がり、内臓を支える筋力に戻っていきます。

③猫背・悪い姿勢によって起こるぷよぷよお腹

悪い姿勢や猫背の姿勢が長期間続く事でもお腹がぽっこりと出たり、ぷよぷよお腹になったりします。なぜ猫背や悪い姿勢でお腹が出るのかと言うと原因は大きく2つあり。

その2つがそれぞれにお腹をぷよぷよにする事を促進しています。

その2つの原因とは以下の原因です。

チェック!悪い姿勢でぷよぷよになる原因

 

 

 
 

 

原因①猫背や悪い姿勢が長期間続く事で、ぷよぷよお腹の原因②でも説明した通りインナーマッスル筋力である「腹横筋と腹斜筋の筋力」が低下します。この筋力が低下すると内臓を支える事が出来なくなる為に「内臓下垂」を起こしてお腹がぽっこりと出ます。
原因②悪い姿勢や猫背姿勢の状態は血流の流れが悪くなります。血流の流れが悪くなる事が続くと、内臓を直接的に覆う内臓膜に栄養が届きずらい状態になります。この内臓膜に栄養が行き渡らなくなる事で内臓膜の機能が悪化して内臓を正常な位置に支える事が難しくなります。結果、内臓が下に垂れます。垂れた分だけお腹がぽっこりと出ます。


これらの2つの原因が別々に進行するので悪い姿勢や猫背姿勢だとより一層お腹のぽっこりが促進されます。

さらにこのぽっこりお腹に脂肪が付く事でぷよぷよお腹、ぷにぷにのお腹になってしまいます。

猫背や悪い姿勢によるぷよぷよお腹の改善方法

最も簡単な解決方法は、姿勢矯正グッズを使う事です。

着るだけで姿勢矯正が出来るグッズを使って姿勢矯正をして正しい姿勢を身に付ける事で内臓下垂を改善出来ます。内臓下垂が改善されれば、後は脂肪対策のみです!

また、お金をかけたくない場合は、毎日正しい姿勢を意識して生活する事がベストです。
正しい姿勢を意識して生活して、正しい姿勢でいる事で自然と猫背や悪い姿勢が治っていきます。

猫背や悪い姿勢が改善されれば、自然とお腹のインナーマッスルを使うようになり、インナーマッスルが強化して内臓を支える力が戻ります。

さらに血流も良くなる事で内臓を直接支える内臓膜への栄養も行き渡り内臓を支える力が倍増します。結果的に内臓が上に上がり、内臓下垂が改善されてお腹のふくらみも改善されます。

④通常の皮下脂肪が溜まる事で起こるぷよぷよお腹

上記で紹介したぷよぷよお腹になる3の原因は「内臓下垂」とその場所に「脂肪」が付く事でぷよぷよお腹になる場合ですが、ぷよぷよお腹になる原因の最後の④は皮下脂肪のみが付いた状態になりぷよぷよお腹になる場合です。

通常の脂肪は身体全体に付きますが、その中でも皮下脂肪が付きやすいのがお腹です。

お腹に通常の脂肪が付く事でたぷたぷお腹、ぷよぷよお腹、ぷにぷにお腹となります。

お腹の中には大切な臓器がある為にそれを守ろうと脂肪が付きやすいと言われています。

また、女性の場合には子供を成長させる子宮がある為に身体がそれを守ろうとして男性よりもよりお腹の下腹部分に脂肪が付きやすい体質になると言われています。

脂肪が付く事でお腹のたるみに段が付いて、脂肪の付く割合が多い人は二段腹、三段腹になってしまいます。

脂肪が直接溜まる直接的な原因とは!?

ぷよぷよお腹の原因④の場合の「脂肪のみでぷよぷよお腹」になる原因は脂肪が付く事なので①「運動不足」と②「高カロリー食事」が主な原因になります。

通常でも肥満になりやすいと言われている運動不足によって脂肪燃焼が出来ていない状態にある事と、高カロリー食によって体内に吸収する脂肪や糖質の分量が多すぎる事にあります。

ぷよぷよの皮下脂肪を落とす改善策!

改善策は非常に簡単で、よく言われる事ですが以下の4点が重要です。

  1. 毎日の運動
  2. 食事制限(野菜中心の生活)
  3. 寝る前の飲食の禁止
  4. 朝多めに食べて昼と夜を少なめにする食事方法

また、どうしても食事制限や定期的な運動をする事が難しい場合は、運動の効果である①「脂肪燃焼を促進する作用」と食事制限の効果である②「体内に糖分や脂肪の吸収を抑える作用」があるダイエット茶などもあります。

定期的な運動や食事制限に苦痛がある場合は普段飲んでいるようなお茶や水などをダイエット茶に置き換えるだけの置き換えダイエットも効果があります。

ベストな改善方法は、プーアル茶を通常のお茶に置き換えるダイエットです。

プーアル茶には脂肪燃焼を促進する効果と体内への脂肪や糖質の吸収を抑える効果があります。

脂肪対策には必須の飲み物です。

このプーアル茶を普段飲んでいる水やお茶などに置き換えるだけで簡単に脂肪燃焼効果と脂質や糖質の吸収を抑える効果の両方を得る事が出来ます。
 

ぷよぷよになる原因の多くは「内臓下垂」が関係している!

ぷよぷよお腹の原因別でも紹介した通りぷよぷよお腹になる原因に大きく関係しているのが「内臓下垂」です。

ぷよぷよの原因①~③はすべて「内臓下垂」+「脂肪」で原因④の場合のみ「脂肪」のみです。

ぷよぷよお腹がなかなか改善されない、引き締まらないと悩んでいる人の多くはそのお腹の原因の奥には「内臓が垂れている事でお腹が出ている状態」にある事を知りません。

ただの脂肪だけと勘違いして食事制限のみとか、腹筋運動のみを実践している人が多いです。

重要な事は自分のぷよぷよお腹の原因を知る事です。

自分のぷよぷよの原因を知る事が出来ればそれに合わせたダイエットをすれば良いだけなのですから!

原因①「骨盤」
原因②「インナーマッスル筋力」
原因③「悪い姿勢」=「内臓下垂」+「脂肪」
原因④=「脂肪」のみ

内臓下垂系のぷよぷよお腹も脂肪対策は必須!

ぷよぷよお腹になる原因①②③は「内臓下垂」だけではなくて、「脂肪」も関係しています。

内臓下垂だけで脂肪が付いていない人の場合は、お腹がぽっこりと出る状態になります。

このサイトで紹介しているぷよぷよお腹の状態になるにはそこに「脂肪」が付いた状態であると言えます。

ぽっこりのお腹になると非常に脂肪が付きやすい状態になります。

その為にそこに脂肪が付き、その度合いによってぷよぷよお腹になるのか、それ以上にボヨンボヨンの二段腹や三段腹のお腹になるのかは脂肪がそこにどれだけ付くかによります。

しかし脂肪対策をしても、根本的な原因は「内臓下垂」にある為、ある程度までの脂肪が取れてそれ以上のお腹の膨らみは改善されません。

ぽっこりの原因は内臓なのでどんなに脂肪対策ダイエットをしても改善されません。内臓を上に戻すしか方法がないのです。

しかし、内臓下垂が治っても残った皮下脂肪を取らずには正常なお腹とは言えませんね!
原因①②③の内臓下垂を伴うぷよぷよお腹対策で重要な事は「内臓下垂」対策と「脂肪」対策を平行して実践する事です。

内臓下垂だけ治しても脂肪があるのなら完全にはダイエットに成功していません。逆に脂肪だけ取っても「内臓下垂」を治さないと改善とは言えません。

4つのぷよぷよの原因を判別する事が重要

ぷよぷよお腹になるには、4つの原因があると記載しましたが、自分がどの原因なのかを把握出来ない人も多いです。

簡単なぷよぷよお腹の原因を把握するには表を使って確認すると把握しやすいです。
 

チェック!ぷよぷよお腹の原因と把握ポイント

 

 
 
 

 

把握するポイント考える事が出来るぷよぷよの原因①考える事が出来るぷよぷよの原因②
目を閉じて左右の手の人差指が目の前でくっつける事が出来ない原因①の骨盤の歪み・開きによる原因無し
人から猫背と言われているor自分で猫背と分かっている原因③の悪い姿勢・猫背による原因原因②のインナーマッスル筋力の低下による原因(猫背姿勢により腹横筋と腹斜筋を使わない為)
原因①の骨盤の歪みや開きによる原因(猫背姿勢により骨盤が歪む為)
猫背以外でも姿勢が悪いと言われた事がある原因③の悪い姿勢・猫背による原因原因②のインナーマッスル筋力の低下による原因(悪い姿勢により腹横筋と腹斜筋を使わない為)
原因①の骨盤の歪みや開きによる原因(悪い姿勢により骨盤が歪む為)
学校卒業以来、定期的な運動をしていない原因②のインナーマッスル筋力低下による原因無し
お腹だけでなく身体全体にもぷよぷよの脂肪が付いている原因④の脂肪のみによる原因原因①②③の状態+通常に多めの脂肪が付いた事も考える事が出来る
妊娠・出産を繰り返している原因①の骨盤の歪み・開きによる原因(妊娠出産の繰り返しで骨盤底筋が弱まった為)原因②のインナーマッスル筋力の低下による原因(妊娠出産で身体をひねる運動を出来ない状態が続く為)
二の腕などもたぷたぷしている原因④の脂肪のみによる原因原因①②③の状態+脂肪が多い状態の場合も有りえる

ぷよぷよお腹対策のダイエットグッズ

ぷよぷよお腹を改善する為のサポートダイエットグッズです。

使用すると効率的にぷよぷよのお腹をダイエット出来ます。

大手美容サイトのランキング1位の商品を抜粋しています

姿勢を正す姿勢矯正のグッズを使う!

ぷよぷよお腹になる原因の多くは「内臓下垂」を伴っています。

この内蔵下垂でぽっこりと出たお腹に脂肪が付く事でぷよぷよのお腹になるケースが多いです。

内臓下垂の原因は骨盤の歪みや悪い姿勢、また悪い姿勢によりインナーマッスルを使わない状態から起こるお腹のインナーマッスルの筋力低下などです。

骨盤の歪みにしても、お腹のインナーマッスルの低下にしても、内臓を支える役割がある部位が低下してしまう事にあります。

改善方法はいずれも「姿勢を正して生活する事」です。

そんな姿勢を正す事を身に着けるだけで自然としてくれるのが姿勢矯正グッズです。

姿勢矯正グッズを使用して効率的に内臓下垂を治してぷよぷよお腹を改善させましょう!
 

男性用の姿勢矯正グッズ

マッスルプレス

姿勢を正す事で骨盤の正常化、インナーマッスル筋力の向上、内臓膜への血流が良くなるなど内臓下垂を改善するのに必須です。

姿勢を着るだけで良い姿勢にしてくれる商品です。また、姿勢矯正だけでなく筋力アップもサポートしてくれるので男性向け商品と言えますね!



24時間ボディメイク【マッスルプレス】

 

女性用の姿勢矯正グッズ

美姿勢ビルダー

女性目線で作られた姿勢矯正商品。

身に着けて生活するだけで、骨盤が正常化され、インナーマッスル筋力が向上、正しい姿勢や内臓下垂が改善するだけでなく、女性らしい美しい姿勢へとサポートしています。



美姿勢ビルダー

また、姿勢矯正をして内蔵下垂を治しても、ぽっこりのお腹をぷよぷよにしている皮下脂肪は改善されません。

毎日の運動や野菜中心の食生活などの生活習慣の改善も同時に実践してみましょう!

生活習慣の改善をいきなりするのが難しい場合は以下の皮下脂肪対策の商品を使うのも方法の1つですね!

お腹の皮下脂肪を落とす脂肪燃焼サポート商品!

お腹がぷよぷよになる原因のお腹の付く皮下脂肪を落とす為の商品です。

ぷよぷよの原因が脂肪のみの場合でも有効ですし、内臓下垂と脂肪が合わさった原因の場合の脂肪対策にも使えますね!
 

脂肪燃焼+脂質吸収抑制のダイエット系プーアル茶

ダイエットプーアル茶

お茶のカテキンの中でも脂肪燃焼の促進作用と脂質などが体内に吸収されるのを抑える作用の2つの作用が特に高いとされるプーアル茶です。その理由はプーアル茶に配合されている「重合カテキン」です。

そんな「重合カテキン」を持つプーアル茶でも特に質が高いとされるプーアル茶がダイエットに特化している「ダイエットプーアル茶」です。



134万人が感動したダイエットプーアール茶

車ウサギ
車ウサギ

原因が分かったら対策する為の商品もあるって事ですね!

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

ですね!ぷよぷよ脱却頑張ってくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました