PR

いちご肌対策!綿棒やニベア・オロナインの効果は薄い!

オススメ商品・サービス
この記事は約3分で読めます。
当サイトはPR提携をしています
さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

いちご肌対策で昔から言われている対策法があります。

車ウサギ
車ウサギ

知ってますがな!
「綿棒を使った対策」と「ニベア」を使った対策、さらに「オロナイン」を使った対策の3つですよね!

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

そうですね!
しかし、これらは共通して、いちご肌の完全対策とはなりません。

いちご肌の原因である毛穴を詰まらせている角栓を完全に除去する必要があります。

そして、毛穴にもうばい菌が入らないようにバリア効果がある成分を含ませます。

さらに、毛穴の開きも改善して、再度いちご肌にならないように毛穴の引き締める作用も必要なのです。

このいちご肌対策法はいちご肌を治す専用商品を使用するだけで実現します。

①毛穴の奥の角栓除去効果
②毛穴のバリア効果
③毛穴の引き締め効果

上記の3つが揃う事でいちご肌対策が出来たと言えます。

ところが、綿棒やニベア、オロナインなどを使用する方法は①の毛穴の汚れを除去する効果しかありません。

しかも、毛穴専用商品と比べると、その効果も薄く、毛穴を詰まらせている角栓の表面の部分だけしか除去出来ません。

表面だけの角栓でも除去出来ればいちご肌の特徴のポツポツは薄くなったり目立たなくなるので効果があるように思えてしまいますが、実は一時的な効果でしかありません。

いちご肌を確実により短期間で治すには専用の毛穴ケア対策商品を使用する事が絶対条件です。

それを踏まえた上で昔からよくある綿棒を使ういちご肌対策とニベアを使ういちご肌対策、さらにオロナインを使ういちご肌対策の方法を説明します。

①綿棒を使用したいちご肌対策法

始めに洗顔をして、保湿をします。

その後にオイルを染み込ませた綿棒を使っていちご肌の箇所をマッサージします。

これでいちご肌の原因である毛穴に詰まっている角栓の表面部分が取れます。

ただし、表面部分だけですのでそれも認識してください。

②ニベアを使用したいちご肌対策法

ニベアを使用するいちご肌対策は、まず、ニベアをいちご肌のポツポツがある箇所に刷り込みます。

次にラップをニベアを付けた箇所に張ります。

そして熱めのお風呂に20分程度入りたくさんの汗をかきます。

そしてお風呂から出たら洗顔する方法です。

これで、いちご肌の原因である角栓が多少取れます。

ポツポツも薄くなるでしょう。しかし、毛穴は開いたままで、汚れを溜めやすい毛穴の状態は維持しているので、すぐに元のポツポツ肌に戻ってしまうでしょう。

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

ニベアは通販で安く売られています

 

③オロナインを使用したいちご肌対策法

オロナインを使用したいちご肌対策も昔からある有名な方法ですね!

まずは、オロナインをいちご肌のポツポツがある場所に塗ります。

30分程度、その状態で放置してから洗顔するだけです。

この放置している時に蒸しタオルなどをポツポツ箇所に当てるとより角栓が取れやすいようです。

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

オロナインは通販出来ます

 
しかし、これも表面部分の角栓のみで、奥の角栓や毛穴バリア効果、また、毛穴引き締め効果は薄いので確実ないちご肌対策とは言えません。

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

ポツポツを薄くする事のみ可能と考えると良いでしょう!

車ウサギ
車ウサギ

薄くするだけでも良いですが、せっかく対策するなら確実に改善したいですね!

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

その場合は専門の商品を探してくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました