PR

赤ら顔を治したい!最善最速で治す方法!原因と対策方法まとめ!

美容
この記事は約13分で読めます。
当サイトはPR提携をしています
さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

赤ら顔対策法を紹介しています!

赤ら顔を治す方法とは「赤ら顔の原因別タイプ」を知る事です!
そしてその「原因別タイプに合った改善策」をするだけです!

治せる「赤ら顔」には5種類ある!それぞれの原因を把握する事が重要

赤ら顔と一言で言っても実はその種類は大きく分けると5種類あります。

厳密に言うとアレルギーやアトピー性の皮膚炎が含まれて5種類の赤ら顔がありますが、アトピーやアレルギー系の対策は皮膚科などの専門病院、専門家で治療する事がベストな方法ですので、アトピー、アレルギーを除いた4種類の赤ら顔とその治し方を当サイトでは説明します。

①皮膚の薄さによる赤ら顔

洗顔の時に強くこする癖があったり、刺激が強い化粧品を長期間使い続ける事で肌の表面の角質層を削ってしまう事があります。

つまり皮膚を薄くしてしまう状態です。

さらに紫外線に当たりやすいなどの環境下に置いてはこの角質層の破壊をより一層促進させます。
この皮膚の表面にある角質層が削られる事で外敵が真皮や皮下組織に直接アタッチメントが出来る状態になり、皮下組織や真皮にダメージを与えてしまうのです。

真皮が直接ダメージを受けるようになると皮膚は「炎症増悪たんぱく質」と呼ばれるたんぱく質を皮膚で作り始めます。

炎症を起こすサイトカイン(生理活性物質)がこのたんぱく質を敵として皮膚上で増加しはじめます。この状態になると常に炎症を起こしている状態になり赤ら顔状態が続く事になります。

また、皮膚が薄くなる事で当然皮膚下の毛細血管が浮き出やすくなる為に皮膚が薄い事で赤ら顔になる人の多くは原因②で紹介する毛細血管拡張によって赤ら顔が起こるケースも併発している可能性があります。

この皮膚の薄さによる赤ら顔を完治する対策は「赤ら顔専用商品」血流を良くするビタミンK(納豆・モロヘイヤなど)を多めに摂取する事で完治する事が出来ます。

①皮膚の薄さが原因の赤ら顔対策赤ら顔専用商品」+ビタミンKの摂取(完治してもビタミンKは意識して摂取)

 

②毛細血管拡張による赤ら顔

血管が拡張する事で血流量が増加します。

血流量が増加すると、血管の色が表皮から透けて見えるようになります。この症状により外見上では顔が赤くみえてしまいます。

血管が拡張している限り、赤みが消える事はありません。血管が強く、丈夫な血管になる必要があります。

血管が拡張する赤ら顔の中の1つに代表的な血管拡張性の赤ら顔である「酒さ(しゅさ)」と呼ばれる症状があります。

30歳以降に現れる事が多い酒さ(しゅさ)は「慢性炎症疾患」とされています。
皮脂線が増える事で毛細血管が増える為それに伴って炎症する赤みや吹き出物、さらに顔全体の毛細血管の拡張の症状が出ます。

この症状は次第に悪化する事が多く、その要因は紫外線や飲酒、刺激が強い化粧品などが要因因子になります。

女性の場合は閉経後により悪化しやすくなります。

「赤ら顔専用商品」である程度よくする事が出来ます。また皮膚の血流を良くする為に納豆やモロヘイヤなどのビタミンKを多く取る事で再度毛細血管が拡張しやすくなる血管になるのを防ぐ事ができやすくなります。

このタイプの赤ら顔を治すポイントは「赤ら顔専用商品」+皮膚の血流を良くする為のビタミンK(特に納豆・モロヘイヤ)の摂取です。

また、ビタミンKの摂取は赤ら顔が完治しても再発を防ぐ為に意識して摂取する事が良いです。

ビタミンKが多く含まれている食品には納豆、モロヘイヤを始め、しそ、ひじき、よもぎなどが有名です。
②毛細血管拡張による赤ら顔改善策赤ら顔専用商品」+皮膚の血流を良くするビタミンKの摂取(完治後も再発防止に意識してビタミンKを摂取)

 

③ニキビ跡による赤ら顔

ニキビが出来やすい人と出来ずらい人はいます。ニキビが出来やすい人は出来てそれが治った後もまた対策が必要な場合があります。

それがニキビ跡の赤みです。

ニキビが出来ていた跡は表皮だけでなく真皮などの皮膚の奥まで傷を付ける事があります。この事で色素が沈着して赤ら顔になってしまうのです。

ニキビ跡が原因と特定出来る場合の対策は簡単で「ニキビ跡専用の化粧水(真皮まで浸透する浸透性タイプ)」を使う事で簡単に改善出来ます。

③ニキビ跡による赤ら顔対策ニキビ跡専用化粧水」のみでOK

 

④「赤くすみ」による赤ら顔

通常の肌は 表皮の新陳代謝や生まれ変わりを繰り返す事の「肌のターンオーバー」が効率よく行われている状態になります。

しかしこのターンオーバーが遅くなる事で古い角質層が蓄積されて皮膚に厚みを帯びてきます。
この状態を「角質肥厚」と呼びこの角質肥厚状態になると肌の色が赤らんだ赤ら顔になります。

自分の肌が「赤くすみ」なのかどうかの判断の1つが赤くすみの肌は「角質肥厚」が起きているので触ると非常に硬いです。

ごわごわしている感じがありますので判断が容易ですね^^。
改善方法は簡単で「くすみを改善する専用商品」を使う事です。

また、赤くすみが治った後もターンオーバーが遅いままだと再度④の赤くすみによる「赤ら顔」になってしまいます。ターンオーバーを通常化する為には以下の生活環境にも注意をしてください。

ターンオーバーを適切にする生活習慣

①睡眠時間を長く取る
②ストレスを溜めない
③バランス良い食事
④刺激が強い化粧品は使わない

④「赤くすみ」による赤ら顔を治す方法は以下。

くすみ改善商品」+規則正しい生活をする事+ストレスを発散する事を覚える

 

⑤アレルギーやアトピーによる赤ら顔

最後はアレルギーやアトピーによる赤ら顔ですが、これは通常はアトピーやアレルギーと呼んで赤ら顔とは別に考える事が多いです。

漢方などアレルギーやアトピー対策の商品などもありますが、まずは医者の診断と医者の施術が最もです!市販商品ではなく、診療をまずは受けましょう!

チェック!タイプ別の赤ら顔の治し方・治す方法

赤ら顔を治す方法は5つのタイプ別に治し方が違います。
自分がどのタイプの赤ら顔なのかを把握する必要があります。自分の赤ら顔のタイプを把握したらそのタイプの改善方法を実践するのみです!

 

タイプ別の赤ら顔を治すアイテム

タイプ別の赤ら顔改善方法です。

①皮膚の薄さが原因の場合と②毛細血管拡張が原因の場合の改善方法

①皮膚の薄さが原因の場合や②毛細血管拡張が原因の場合の赤ら顔は通常の「赤ら顔対策商品」を使うのがベストです。

刺激が強い化粧品は出来るだけ避けて刺激が少ないナチュラル系でさらに血管拡張を和らげる商品を使う事で効率よく赤ら顔が改善出来ます。

また、より効果を高めるには皮膚の血流をスムーズにする「ビタミンK」を意識して多めに摂取する事です。

 

①②のタイプの改善商品
①赤ら顔対策商品
赤ら顔対策専用に作られた美容液です。まず基本的な赤ら顔でお悩みならこれを試してみましょう!



4種の和漢エキス×ヒト幹細胞の贅沢ダブル配合【シロメル】

③のニキビ跡が原因の場合の赤ら顔の改善方法

ニキビ跡が原因の場合は、「赤ら顔対策商品」を使っても効果がありません。

その原因はニキビ跡になる為「ニキビ跡専用の商品」を使う事が改善への近道です。
以前ニキビが多かった人はその赤みはニキビ跡による赤ら顔の可能性が高いです。

ニキビ跡の赤ら顔にはニキビ跡専用商品を使いましょう。
①ニキビ跡を治す専用商品

リプロスキン

ニキビ跡には「リプロスキン」と呼ばれている程ニキビ跡改善で定着しているリプロスキンです。売り切れの場合も一定期間後に購入出来ます。




男性用リプロスキン

女性用のニキビ跡対策商品

化粧水テアテ

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

女性用のニキビ跡対策商品はこちらを使ってください。

④の「赤くすみ」による赤ら顔の場合の改善方法

赤くすみの原因はターンオーバーの乱れです。

ターンオーバーを改善するには適度な睡眠時間、野菜中心の生活、適度な運動など規則正しい生活をする事とストレスを溜め込まない事(ストレス発散をする事)、またターンオーバーを促進する働きがあるビタミンAを意識して摂取する事でターンオーバーが改善していきます。

ターンオーバー改善方法
①規則正しい生活
②ストレスを溜めない(ストレスがあったら発散する事を見つける)
③ビタミンAを意識して多めに摂取する事

 

超短期間で赤くすみを改善したい場合

規則正しい生活やストレスを溜めない生活を長期間続ける事でターンオーバーが改善して「赤くすみの赤ら顔」が改善していきますが、より短期間で赤くすみを改善したい場合は「くすみ専用の改善商品」を使う事です。

短期間で改善する事が出来ますが、改善出来た後はやはり規則正しい生活やストレスを溜めない生活を続けないと再度ターンオーバーが乱れてしまうので改善後の環境変化も合わせて考えると再発防止になります。

①商品でくすみ系赤ら顔を改善出来る商品



赤ら顔を隠す&治療と治す事が難しい赤ら顔まとめ!

基本的に赤ら顔の治し方は前述した通りにタイプ毎の治し方に沿って実践すれば高い確率で赤ら顔を改善する事が出来ます。

赤ら顔を改善する場合は数日で治るわけではなくて、半年から数年かかる事も多いです。
大切な事ですが、治す為の商品や治療を実践している間にも赤ら顔を人前に見せない為には「隠す」事も大切です。

治るまで赤ら顔でいる必要はありません。隠しながら治していけば良いです。
また、赤ら顔の中には簡単に治す事が難しい赤ら顔も存在します。

そんな赤ら顔を隠す事と治す事、専門病院での治療などの最新情報をまとめています。参考にしてくださいね!

赤ら顔を一時的に隠す方法

赤ら顔は根本的に治す事が必須ですが、治るまでの期間を要する事があります。

赤ら顔が治るまでの間に人前に出る事が多い場合は一時的に赤ら顔を隠す方法があります。
それは「赤ら顔を隠す事だけを目的に作られた商品」を使う事です。

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

赤ら顔は程度によりますが、ファンデーションなどで隠す場合はお粗末で完全に赤みを隠す事が出来ない他、ファンデーションが強すぎて不自然な色合いになってしまう事があります。

このような不具合を改善出来るようになったのが「赤ら顔専用の隠す商品」なんです。

①赤ら顔を隠す商品

赤ら顔・シミ・クスミを自然な肌色へ導くコンシーラー「アカラカバー」

レーザー治療で赤ら顔を治す方法

赤ら顔を治す方法は市販商品以外でもレーザー治療にて治す事が出来ます。

費用は商品を使うよりも高額になってしまいますが、確実性では高い評価が得られています。
赤ら顔を治すレーザー治療が出来るクリニックは全国でも限られています。

口コミや実際に施術した人の評価が高かったクリニックを抜粋しています。

参考にしてください<(_ _)>

①シロノクリニック

 

赤ら顔には赤ら顔になりやすいタイプがある!

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

赤ら顔はアレルギーやアトピーを入れると大きく5種類の赤ら顔がある事は前述しました。

この赤ら顔ですが、実は赤ら顔になりやすいタイプとそうでないタイプの人がいます。
赤ら顔になりやすいタイプの人は以下2タイプが存在します。

もし、当てはまるなら赤ら顔が改善しても再発しないような習慣(刺激が強い化粧品を使わない・規則正しい生活をする・ビタミンCなどの定期的な摂取)を付ける事も大切です。

①過去になんらかの肌ダメージがあった場合

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】
肌荒れの経験がある人は皮膚が炎症状態にあった事になります。
ニキビもそうですし、吹き出物が多数出来てしまった経緯もそうです。これらの経緯はより重症的な赤ら顔になる事が多いです。
生まれつきアトピー肌や乾燥肌、敏感肌など肌が通常よりも弱い場合は皮膚に炎症が起きやすく、炎症が起きるとその皮膚の免疫力自体が低下します。
これは炎症が治っても免疫力自体はそれほど改善しないからです。
免疫力が弱まるとばい菌、雑菌の繁殖率が高くなりあらたに皮膚トラブルを生み出しやすくします。
ニキビの例で言うとニキビが治っても同じところにニキビが出来てしまう事がその例です。
このような炎症が続くと赤み自体が色素沈着を起こして強い赤ら顔になる事があります。
また、皮膚の免疫力自体が弱いので様々なタイプの赤ら顔になりやすくなってしまいます。

②遺伝的に皮膚が薄い場合

赤ら顔の原因①でも紹介しているように皮膚が薄くなる事で赤ら顔になりやすくなります。
皮膚が薄くなってしまった場合については、洗顔時に手で強くこすったり、ピーリングを実践したり、肌に刺激が強い化粧品を長年使う事で薄くなります。
しかし、遺伝的、生まれつき皮膚の厚さは人それぞれであり、皮膚が遺伝的に薄い人もいます。
このような皮膚を持っている人は通常の人と比べると赤ら顔になりやすい状態と言えます。(原因①と原因②のタイプの赤ら顔)
また、皮膚の薄さや血管の弱さが原因の赤ら顔になるだけでなくて皮膚が薄いので免疫力も通常よりも少ない状態にあります。その為にニキビも出来やすくニキビ跡による赤ら顔になる事も有りえます。

治す事が難しい「体質系赤ら顔」がある?

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

赤ら顔にはアトピーやアレルギーを含めると5種類あり、ここで治し方を紹介出来る赤ら顔は4種類あると記載しました。

しかし、この他にも完治という言葉が難しい赤ら顔があります。

それは「体質系赤ら顔」です。体質系赤ら顔とは生まれつきの体質による一時的な赤ら顔です。

例えて言うと、「アルコール赤ら顔」です。アルコールを飲んだ直後だけ一時的に顔が赤くなる症状です。

この原因は生まれつきアルコール反応に弱い体質が原因で起こる為、特に改善する薬や商品はありません。強いて対策を言うとアルコールを飲まない事です。

極論ですが、アルコール赤ら顔の場合は実際にアルコールが好きだと言う人は多くはありません。付き合い程度で飲まざるを得ずに飲んでいるケースがほとんどです。

無理をすると身体によくないどころかこのタイプが一気飲みをするとアルコール中毒にて死亡する例が出ています。付き合い程度で少量に抑える事でしょう。飲まなければ赤くならないので気にする程度ではないのではと思いますよ^^。

もう1つ代表的な体質的赤ら顔は「赤面症」と呼ばれる症状です。

よく何かの発表をする時、人前でしゃべると顔が赤くなる人がいますが、これも「赤面症」になります。

原因は一時的に極度な緊張とかストレスです。これも生まれつき持っている体質で改善する薬や商品はありません。

強いて治し方を言うと、緊張やストレスに強い精神力になる事です。

赤面症の赤ら顔は治る事はありませんが、慣れる事で緊張しなくなるので赤面も出なくてすみます。人前に出る事に慣れる練習をする事で結果的に赤面症を発する機会がなくなるので改善出来たという事も言えますね^^。

チェック!赤ら顔の対策商品まとめ!

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

「赤ら顔の対策商品」を赤ら顔のタイプ別にまとめてみました。

赤ら顔を対策出来る商品(赤ら顔の原因別)

タイプ別の赤ら顔対策方法(対策商品)備考
①皮膚が薄い事による赤ら顔①「赤ら顔専用商品」+②ビタミンKの定期的摂取「赤ら顔専用商品」で治して、再発防止にビタミンKを定期的に摂取する事。より短期間で治したい場合は両方を平行して実践する事
②毛細血管拡張が原因による赤ら顔①「赤ら顔専用商品」+②ビタミンKの定期的摂取上記と同じで「赤ら顔専用商品」で治して再発防止にビタミンKを定期的に摂取する。また、短期間の改善を目指すなら両方を同時に実践すると効果的。
③ニキビ跡が原因による赤ら顔①ニキビ跡専用化粧水(男性)

②ニキビ跡専用化粧水(女性)

ニキビ跡専用化粧水のみで改善出来ます。
④「赤くすみ」が原因による赤ら顔①「くすみ改善商品」+②規則正しい生活+③ストレスを溜めない(発散する事を覚える事)①「くすみ改善商品」で治してその後の再発防止に規則正しい生活、ストレスを出来るだけ溜めない生活を心がける事。満足できる睡眠時間も重要です。
⑤アトピー、アレルギーが原因による赤ら顔皮膚科受診かアトピーやアレルギー専門医を受診する事がベスト通販商品よりも病院の専門薬で改善するほうがベストです。

 

赤ら顔を治療出来るクリニック

顔トラブル治療の実績が高いクリニックシロノクリニック

コメント

タイトルとURLをコピーしました