PR

チェック!猫背線の原因と正しい猫背線の消し方!

この記事は約2分で読めます。
当サイトはPR提携をしています

猫背線の正しい消し方とはどのような消し方なのか?
まず、猫背線の原因を知らなければいけないですね。
猫背線ができるのは、猫背の姿勢状態が多いために、通常の人よりも前かがみになっています。
この前かがみの姿勢からお腹の皮膚のシワが寄りあうことで、お腹にお辞儀をしている状態の線ができます。
この線の状態が続いている事で、皮膚に前かがみやお辞儀をしたときだけ線ができるのではなくて、通常の状態でも線が残ってしまう事があります。この線が「猫前線」なんです。
名前の通りで猫背によって生じた線なので「猫背線」になるわけです。
また、猫背を長年続けていても猫背線が出来ない人もいます。
その場合は身体に脂肪が少ない状態にあると言えます。
身体に脂肪が少なく指でつかみどころがないような状態であればお辞儀をした時にもお腹に横線が入らないですよね!
つまり、猫背線は身体が脂肪体質であって、かつ、猫背が長年続いた人に出来る線なのです!
 
<% index %>

チェック!猫背線を正しく消す方法とその順序!

この線が出来てしまった場合に正しく消す事が大切です。
普通に消すなら、腹筋を鍛える事で、お腹の脂肪が減りシワが寄らなくなるので、猫背線は消えます。
しかし、これでも、猫背を治していない場合は、また、少しでもお腹に脂肪が付くような事があれば、再度猫背線になってしまいます。
なので正しく猫背線を消す方法としては、

①猫背を治す
②お腹の脂肪を減らして猫背線を消す

が正しい消し方です。
この方法で、猫背線は綺麗に消す事ができるんですね。
また、、この順番を守らなくても平行に①と②を実践しても大丈夫です。
ただ、注意して欲しいのは、猫背線をよりはやく消したいという思いから、②の腹筋を付けて猫背線を消す事から初めてしまうと、①の猫背自体が治っていない状態なので、再発する可能性は高いです。
猫背線を消すには腹筋を鍛えるという事は知っていても、何度も失敗してしまうのはこの順番が間違っているからなんです!
猫背線を消す正しい順番通りに実践すれば、簡単に猫背線は消す事ができるんですよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました