PR

ホームホワイトニング検証!歯医者さんのサポートもあり!

美容
この記事は約3分で読めます。
当サイトはPR提携をしています
さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

ホワイトニングの中には①オフィスホワイトニング、②ホームホワイトニング、③セルフホワイトニングと3種類のホワイトニングがありますが、その中でも人気が高いのが、②ホームホワイトニングと③セルフホワイトニングです。

 

車ウサギ
車ウサギ

ホームホワイトニングって気になりますね!

完全通販じゃなくて、プロの歯医者に診てもらえるから安心!

3つのホワイトニングまとめ!まず3つのホワイトニングを理解する!

 

 
 

 3つのホワイトニングをまとめています。薬剤濃度が強いものは歯医者専門かサポートが付きます。

通販で可能なセルフホワイトニングで白くならない場合にはそれ以上に強い薬剤が使えて自宅で対策が出来るホームホワイトニングがオススメです!
 

①オフィスホワイトニング歯医者に通い、強い濃度のホワイトニング剤で一気に白くする事が出来るが元に戻りやすい
薬剤濃度:強
②ホームホワイトニング始めに歯医者にてマウスピースを作成してもらい、その後自宅にてホワイトニングが出来る。頻度は少ないが、マウスピースや歯の状態の確認で定期的に歯医者には行く必要があります。
薬剤濃度:普
③セルフホワイトニング通販で購入出来るホワイトニング剤。始めから最後まで自宅でホワイトニングが出来て歯医者には行く必要がない。(最近メディアや雑誌等で紹介されてきている)
薬剤濃度:普

まず、オフィスホワイトニングが人気のない理由が、一気に白くなりますが、その白さは戻ってしまいやすいという事。

その点、ホームホワイトニングとセルフホワイトニングはホワイトニング剤の濃度が弱く、少しづつ毎日実施する事でだんだんと白い歯になっていく仕組みです。

このやり方でホワイトニングを実施すると白くなった後、元の色に戻りにくいというメリットがあります。

この点が②のホームホワイトニングと③のセルフホワイトニングが人気の理由です。

ホームホワイトニングとセルフホワイトニングの違いもチェック!

人気の2大ホワイトニングである「ホームホワイトニング」と「セルフホワイトニング」ですが、大きく違いをメリット・デメリットの違いを交えて説明すると以下の表のようになります。
 

 

 
 
 

 
 

ホワイトニング名メリットデメリット
ホームホワイトニング●セルフホワイトニングと違い、歯医者さんのサポートもあるので安心感が持てる。●初回のマウスピース作成だけでなく、その後も定期的に歯医者に通う必要がある。
●高額(保険適用外の為に費用が高額になりやすい)
●毎回歯医者に通う毎に保険外なので全額自己負担を背負う
セルフホワイトニング●通販購入だけで始めから最後(白くなる)までを完結出来る。
●安い(オフィスホワイトニングやホームホワイトニングと違い保険外の診療費は毎回払う事がないので安価)
●歯医者さんのサポートが無いので安心感がない。
●商品によってホワイトニングの質に差がある。

 
上記の表のように、セルフホワイトニングではなく、ホームホワイトニングをする大きな理由は歯医者さんサポートがある安心感という事です。

安心感を重視したいのならホームホワイトニングがベストな方法だと思います。

費用の面や、通う手間に抵抗がある人はセルフホワイトニングが効率よく白くなれる方法になります。

セルフホワイトニングの場合は商品によっても差があるので知名度があり、口コミなどが良いセルフホワイトニング商品を使うのが良いですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました