PR

活性酸素は重要酸素だが増えすぎると身体へ悪影響をもたらす!

病気・健康
この記事は約3分で読めます。
当サイトはPR提携をしています
さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

体外から呼吸する事で得られる酸素はエネルギー変換の際に一定量が活性酸素になります。

車ウサギ
車ウサギ

いきなり難しいですね!

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

元々の活性酸素の働きは体内の細菌を排除する働きがあり、とても有用な酸素です。体内になくてはならない酸素でもあります。

しかし、活性酸素は様々な原因によって増えすぎる事があります。

車ウサギ
車ウサギ

原因・・気になります!

活性酸素が増える事で身体に悪影響を及ぼすのです。

活性酸素は細菌力が強い為に体内の至るところを酸化させてしまう働きもあります。

正常な細胞までも傷を付けてしまう事になるのです。

その為に、シミやシワ、たるみの発生を促進したり、高血圧、白内障なども促進させます。

また、癌(がん)や動脈硬化の促進から脳梗塞や心筋梗塞、脳卒中などの病気の発症率が高まります。

体内が酸化する事は身体全体が老化していく事になるのです。

逆に言えば体内の酸化を抑える事で老化を最小限に防ぐ事が出来るのです。

美容の視点から言うとこの方法をアンチエイジング方法と言います。

チェック!活性酵素が増えすぎてしまう原因を理解する!

活性酸素は体内に必要な酸素ですが、増えすぎる事で悪さをする酸素です。

ベストな活性酸素の維持方法は活性酸素を一定量に留める事です。つまり、増えすぎないように抑えながらの生活をする事です。

活性酸素は年齢が上がるに連れて増える傾向があります。

その理由は活性酸素が増える原因がストレス、喫煙、アルコール、放射能、紫外線に長時間当たる事、マーガリンなどに含まれる「トランス脂肪酸」の摂取や知らない間に摂取している医薬品などにも活性酸素が増えてしまう薬品もあります。

さらに仕事によって使う事がある危険性がある薬品などの揮発(きはつ)によっても知らない間に体内に摂取している事もあります。

生きている年数が高いほど、少しづづですが、活性酸素の量が増えてしまうのです。

確認!活性酸素が増える事を抑える対策!

活性酸素が増える事を抑える方法としては原因となる活性酸素が増える事を避ける事も1つの方法ですが、ストレスや放射能、紫外線に当たる事などは確実に避けられる事ではありません。

原因を対処するよりも、活性酸素が増えてしまってからでも、体内を酸化させないようにすれば同じ事です。

つまり、活性酸素を抑制させる抗酸化作用がある抗酸化物質の摂取をする事で活性酸素が増える事を防ぐ事が出来ます。

抗酸化物質が正常な細胞の代わりに活性酸素の酸化攻撃を受けてくれます。この為、体内の酸化を防ぐ事が出来るのです。

抗酸化物質を口から摂取するにはポリフェノール類、ビタミンEやビタミンC、アントシアニンなどが有効です。

その上で、強い紫外線になるべく当たらないように配慮した生活やストレスも出来るだけ溜めないような工夫をする事で体内酸化を大きく防ぐ事が出来ます。

体内酸化を防ぐ事が出来ればシワやシミの発生を抑えるような老化防止効果(アンチエイジング効果)や動脈硬化や血糖値上昇を抑える効果、高血圧予防効果、癌や白内障の予防、認知症予防にも繋がり美容と健康面で大きなプラスになるでしょう!

抗酸化作用がある成分が含まれている食品を理解して毎日摂取する事が難しい場合は抗酸化作用に特化したサプリメントやドリンクなどもあるのでそのような健康食品を定期的に摂取すると摂取し忘れや面倒さがなくなるので継続率が高めになりますね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました