PR

バツイチでも合コン・コンパで出会える方法!合コンセッティングサービスを利用しよう!

この記事は約11分で読めます。
当サイトはPR提携をしています

最近はバツイチの人の数が増えてきましたね。結婚も離婚も自由な現在ではバツイチということは決して珍しい事ではありませんよね。
そんな私もバツイチです。
バツイチでも合コンサービスを使って合コンやコンパをして現在新しい相手と出会い、最近結婚しました!
きっかけは「合コンセッティングサービス」です!

バツイチ可能!合コンセッティングサービスという婚活サービスがある!

私がバツイチの時に婚活したのは合コンでした。コンパや合コンが良かったんです。婚活にはパーティーとか、街コンとか、ネットでの出会いとか様々な出会い方があると思うのですが、私の場合はお酒が入らないと話せない?タイプなのでやはりお酒を入れることができる合コンやコンパしかなかったんです。
でも、合コンとかコンパって若い人だけって思っていませんか?
私も始めは大学生のイメージがあってとっつきにくいイメージだったんですが、最近では合コンサービスというサービス会社がたくさん出てきているんですね。
まずはインターネットを通じて相手グループの情報を見る事ができるんです。ここで相手グループの年齢が希望の年齢でなかったら申し込む事をしなければ良いだけです。
自分達の情報を記載するところがあるんですが、その場所にきちんと「バツイチ」です。「×があります」と記載しておく事が必要です。
ここにきちんとバツイチであることを記載しないと知らない異性グループからの申込みがあり実際に合コンしてもバツイチ歓迎な人ばかりではないですから
恋愛まで発展しないばかりか、相手グループを怒らせてしまう事もあるかもしれないですからね。
その点、きちんと「バツイチ」とか「バツイチ子持ち」とか記載しておけば、それを了承したグループのみが申込みしてくれるし、私達からでも相手グループの情報に「バツイチの人も歓迎」とか記載あれば申し込んでも差し支えないですからね。

大手合コンサービス


大手合コンサービス⇒「大手合コンセッティングサービス


<% index %>

楽しむのが好きな人は合コン・コンパで異性と出会おう!

私は様々な婚活サービスを利用してきましたが、実際に一番楽しく、出会いもあったのが合コンサービスですね。合コンはお酒を交えて会話ができるので話をするのが好きな人にはもってこいの婚活サービスだと思います。自分がバツイチだという事をきちんと記載さえしていれば問題ないです。それでも申込みしてくれるグループがたくさんありますからね!
中には公務員や大手企業のグループとの合コンもありました。難しい話もされたけど(笑、最後は皆で楽しく終わりました。
私は今までしてきた合コンは皆楽しんでいました。素敵な人と出会う為に行うのではなくて、楽しむために行うって感じで参加していたら自然に良い方向に進むんですよね。
それを実感しました。私は普段無口ですが、お酒が入ると誰よりも話をするタイプなので自分の性格も様々な婚活の中で合コンやコンパというお酒有りの楽しい婚活が合っていたんです。更にいうと私はお酒が好きなのでお酒好きな人と毎晩晩酌もして一日を振り返る事をやってみたかったんです。
合コンだと合コン参加メンバーってお酒が強い人が多いからそのようなタイプの人もゲットできて、本当に今は生活が楽しいです。
昼間は仕事して、夕方はお互いに家事をして、さらに寝る前の二人の晩酌は本当に幸せです。今日あった事とか、将来の不安な事とかゆっくり顔を向き合って話せる時間って本当に必要だなって思います。話はずれましたが楽しむのが好きという人はやはり合コンサービス、コンパサービスを利用すると良いと思いますよ!

合コンサービスサイトに意外に多い!×有りの異性グループ

男性でも女性でも合コンの場所は×有りの人は少ない印象があったのですが、これが意外に多いんです。
×有りの人はバツアリとして同じグループで組んで、異性のバツ有りグループを探しているように思えます。
実際私もできればバツ有りのグループが良いかなって思った事もあります。
同じ苦労をしているグループという事で共感できる部分がたくさんあるんです。この共感が友情に変わって、さらに恋愛まで発展するケースは多いと思います。実際に結婚が決まるまでは私も同じ境遇のバツイチの人達とたまにお茶会をしていました。男性も女性も混じってこれからどうする?みたいな話を休日していました。これが何気ないのですが本当に楽しかったです。
今は結婚相手がいるので異性でまだ出会いを求めている人がいるその場所にはできるだけ行かないようにしています。
本当に時代が変わって×有りの人が当たり前に多いですね。
実際に私が婚活をしてそのことを肌で実感しました。
合コンやコンパで素敵な出会いを見つけたいと思っているならどんどん積極的に参加してみてくださいね。幸運が舞い降りますように!

大手合コンサービス


大手合コンサービス⇒「大手合コンセッティングサービス

合コンセッティングサイトの検索機能を使って効率よく出会おう!

合コンサイトにはほとんどが検索機能が付いていると思います。この検索機能を使う事で効率よく相手グループ探しが出来ます。

合コンでバツイチの人達が効率よく相手探しが出来る方法

①まずは検索欄に「バツイチ」や「×1」などのキーワードを入力する
②出てきた相手グループのプロフィール一覧を1つ1つチェックする
③チェックするポイントは相手グループの紹介文やプロフィール系の内容に「バツイチでもOKです」や「バツイチの人求めてます」などのバツイチでも合コン可能な人を選りすぐる
④選んだグループに申し込む

私の場合はこの方法でバツイチでも可能だと言えるグループを抽出して申込みという形を繰り返しました。合コンがいざ始まってから「×あるの?」なんて事にならないように事前に×がOKな人(グループ)をピンポイントで選ぶ事が出来るので効率的に合コンが出来ます。
この方法をする事で、相手に気兼ねなく堂々とバツイチの話が出来ますからこの方法は使っておくべきだと思いますよ。ムダな合コンなんてしたくないですからね!

合コンサービスは地元で開催出来るというメリットがある!

昔の合コン主催者は東京にしかいないという状態がありました。それは昔の話で最近では合コンを開催する人はネット上でその連絡を受けるだけの仲介者になり、実際に合コンをする場所は合コン希望者が決める事が出来るようになりました。この事がメインになってきてから合コンサービスと言う婚活サービスが出来てきたんですね。
合コンサービスの登録率が多い理由は東京や大阪などの大都市に足を運ぶ必要がなく地方どうしの合コンであればお互いに利便性が高い地域での合コン開催が出来るという点です。ネット上で仲介者に連絡をして日時と希望の場所を双方に訪ねてベストな場所と居酒屋などを紹介してくれるプロの仲介者。この仲介者がお互いの実情を考慮の上に決めてくれるので任せる事が出来ます。
合コンサービスを使って私達がする事は希望のグループを見つけて申込みをするだけです。
とても簡単になりました。合コンは大学生だけだった昔の時代が終わり現在では定年近い人も新たなパートナー探しに合コンサービスを使用して合コンやコンパをしているから驚きです。

大手合コンサービス


大手合コンサービス⇒「大手合コンセッティングサービス

合コンに行く前に知るべき!合コン・コンパテクニック

合コンに行くと必ずする事は自己紹介ですよね。そんな自己紹介の他にも必然的に聞かれる質問って決まっています。そんな質問内容をあらかじめ把握しておきましょう。
予め答えを持っていると後で後悔したと嘆く事は少なくなりますよ<(_ _)>

性格は「S」or「M」?

男性の場合によく聞かれるのはSかMかという質問です。男性の場合に限りMなんですと答えるのはNGです。女性陣はドン引きします。
また、勘違いも多く性格でのSかMなのに、プレイでのSかMかを意識している人もいるようです(笑
大きな勘違いを生まれるのでここは男性はS的、女性はM的と答えましょう。

浮気の経験の有無

浮気の経験の有無は男性側に聞かれる事が多いです。本音を話して浮気経験ありと答えるよりも過去にした事はあるけど、嫌な思い出になってもう浮気はこりごりという感じで浮気に嫌悪感を示すとウケが良いかも。
全く浮気なんてしないよて初対面で話しても、信ぴょう性がないのが現状なんですよね。

欲しい物は何?の質問

現在欲しい物は何かなって質問もよくある合コンでの会話です。女性も男性も高い物を挙げるとお金がかかる人に見られて敬遠しがちになってしまいます。
ここは、パートナーが欲しいと直球を言うのも手ですね。女性が欲しい物を言う時に高級時計やブランドのバックなどは多少男性目線から言うと距離を置いてしまう女性ですよね。

御付き合いをした数

必ずと言っていいほど聞かれるのがお付き合いの数です。男性も女性もどちらも気になるところではないでしょうか。
この場合は男性は多いほうが良い、女性は少ないほうが良いのが基本ですよね。
特に男性の中では女性に経験が少ない人を求める人が非常に多いです。女性の場合はここは少な目に話す事が基本ですね。男性の場合は多めに話す事も有りだし、正直に少なめに話す事も正直な感じがして良いかも。

大手合コンサービス


大手合コンサービス⇒「大手合コンセッティングサービス

シングルマザーが増えているからこそシングルファーザーを求めている人がいる

現在はシングルマザーを求めている男性が多いと言う現実を知っていますか?昔は×が無い女性のほうが男性のウケはよかったのですが最近では女性と会話をする事に疲れてしまう男性、女性とのコミュニケーションが苦手と言う男性に限る事になりますが、シングルマザーを希望する人がいます
シングルマザーだとある程度遊びよりも生活などを重視する傾向が強いからか、男性の中では遊びや楽しみに重点を置く男性ではなく、生活や共に生きるパートナーを選ぶタイプの男性にシングルマザーはモテるようです。自分の子孫を残す事にあまり興味がないけれど好きな女性の子供の面倒はみたいと思う男性がこのタイプになります。
彼らの存在が目立ってきたのは婚活市場がブームになってきた頃からです。婚活サービスの中にはバツ有の人を対象としたサービスがあります。このようなバツ有の条件がある婚活サービスなどはたいてい×有の人しか参加しないのですが、男性の場合はバツ有の女性を目的に参加される事が多いようです。以前は条件で男性もバツ有の人を条件にしていましたが最近では男性はフリーで女性のみバツ有条件を付ける婚活サービスが登場してきました。

バツイチグループどうしでの合コン・コンパも活性化している!

バツイチで合コンをしたいと思っている人(グループ)はバツイチどうしで合コンをする事が可能です。
合コンサイトにて相手グループを検索する時に「バツイチ」「×1」などとキーワードを打ち込んで検索すればバツイチがキーワードのグループの一覧を見る事が出来ます。
その中からお互いバツイチのグループを見つけて合コンの申込みをする事でお互いにバツイチ経験がある人がいるグループでの合コンが成立します。
その他にも地域が近いとより話も合うので出来るだけ近くの住所での検索をしてみましょう。
バツイチどうしだと話が合うし、近所だと何かと便利です。相手が出来るまでの悩みや相談役にもなれますのでバツイチどうしでのコンパや合コンは一度はしておくとシングルマザーやシングルファーザー、バツ有の人達には強みになる事間違いないですね!

大手合コンサービス


大手合コンサービス⇒「大手合コンセッティングサービス

合コンサービスが1番相手と深く関わる事が出来る!

婚活サービスは現在いくつも存在しています。合コンサービスだけでなく、パーティーやネットコミュニティ、出会い系、SNS、街コンなどです。これらの婚活・恋活サービスの中で最も相手と深く関われるのは合コンサービスです。パーティーなど相手と30秒話しただけだと相手の事がよく分かりませんよね。顔や雰囲気と実際は違います。
パーティーでカップルになった人が音信不通になると言われていますが、これは深さがない為です。これに対して合コン・コンパの場合は1つの場所に2時間近くお酒やノンアルコールを飲みながら共にするので相手の事が深く知れます。話をする事でもっと相手を知りたいと思う人はやはり合コンサービスを使用する事が1番効率的で失敗がないです。
また合コンで知り合った人は再度デートをしても違和感なくデートが出来るのです。パーティーなど少ない時間でカップルになった人の場合はどうしても「なんか違う」感じがしてしまい、恋愛感情にならないと言われています。合コンで婚活したい人は以下のような人に向いています。

合コンが向いている人(×有無問わず)

①相手の表面よりも奥を知りたい人
②話して仲良くなりたい人
③雰囲気をしばらく確かめたい人
④基本情報(年齢・地域・仕事)以外にもっと詳しく知りたい人
⑤周りに仲間がいると話が出来やすい人
⑥お酒が入ると本性を出す事が出来る人
⑦カップルになれてもなれなくても楽しむ事を重視する人

大手合コンサービス


大手合コンサービス⇒「大手合コンセッティングサービス

合コンで学歴や仕事などはそれほど重視されない(男女共)

昔の合コンは相手側の学歴や仕事などの情報が1番知りたい情報だったと思います。それは昔の話で現在の恋愛事情も昔と様変わりしました。
相手に求める事は性格や雰囲気、一緒にいて疲れないなどの「安心感」がベスト1位にランクインしています。
それに伴って相手を条件で判断する「学歴」「仕事内容」「年収」などは高ければ良い程度の問題になっています。
重要な事は「きちんとした性格」「安心感」「疲れない」などの感情的な部分になってきています。
現状の既婚者の多くは年収300万以下です。共に働く世帯が増えています。しかし男性側も共に家事や子育てに協力的な面が増えてきて男女平等の社会になってきています。
昔の理想の夫婦の条件は、男性側が「高年収」「高学歴」で女性側は専業主婦で夫と子育て、家事に専念する事でした。
現在はそのような夫婦像は東京や都会の一部のみでほとんどがお互いに仕事を持ち、お互いに家事と子育てをする風潮になりました。
合コンで相手に求める事も男性女性共に「安心感」「一緒にいて疲れない」が堂々1位です。女性が男性に求める条件に絞っても学歴とか年収は6位、7位と一部の人に限られています。(現状でも学歴や年収重視の女性はいます)
合コンのみならずすべての婚活サービスを利用しても男女共に相手には「安心感」「一緒にいる事で落ち着く事」「疲れない」が1番です。
それらの感情思考や雰囲気を把握するにはパーティーみたいな少しの時間では足りません。やはり1つの空間に2時間前後滞在する合コン形式がそのような相手を見極める上で重要なシチュエーションなのではないでしょうか。
パーティー、街コン、お見合い、ネット婚、を指し抜いて合コンサービスの登録率が高いのはこのような現在の婚活背景や婚活風潮があるからではないでしょうか!

コメント

タイトルとURLをコピーしました