PR

オフィスホワイトニングで短期間で歯を白く!元の歯に戻るデメリットもあり!

美容
この記事は約3分で読めます。
当サイトはPR提携をしています

 

さくら【フリーライター】
さくら【フリーライター】

歯を白くする最もポピュラーな方法にホワイトニングがあります。

ホワイトニングの方法は様々ですが、その中でも歯医者にて短期間に施術出来るのがオフィスホワイトニングと言う施術方法です。

 

 

車ウサギ
車ウサギ

オフィスホワイトニングってかなり効果高いって聞きますね~。

このオフィスホワイトニングは強いホワイトニング剤を使用するのが特徴で、歯医者でしか実施出来ません。

強いホワイトニング剤に光を当てて活性化させる事で歯の汚れを脱色する効果があります。

 

強いホワイトニング剤を使用すると言う事は、その分短期間で歯が白くなりやすいです。

しかし、このオフィスホワイトニングには欠点があり、短期間で強い薬剤にて歯を白くするのでその反動があり、短期間(半年~1年と言われています)で歯が元の色に戻りやすいという事です。また、費用は歯全体の施術で約6万円前後です。(個人の歯によってばらつきがあります)

ホワイトニングの方法の中では薬剤は1番強く効果がありそうですが、おおよそ短期間のみの効果なので費用をかけてオフィスホワイトニングの施術をする事はオススメ出来ません。

 

普通のホワイトニング薬剤でゆっくり時間をかけて行うホワイトニング方法のホームホワイトニングやセルフホワイトニングなどのほうが、歯の色が元に戻る可能性は少ないので繰り返し施術しなければいけないという問題も少ないです。

ホワイトニングのポイントとしてはゆっくり時間をかけてホワイトニングする事です。この事で半永久的な白さを実現できるようになります。

 

しかし、オフィスホワイトニングは短期間型のホワイトニング方法になります。そして短期間で効果がなくなり、元に戻ってしまいます。

 

このオフィスホワイトニングは、結婚式などのイベントがある時期だけとか歯が白い歯でいたい期間がある時だけオススメ出来る方法と言えます。
 

オフィスホワイトニングのメリット・デメリット

 

 

 

 
 

 

メリットデメリット
短期間で施術が完了する1年以内で白さが失われ元の歯の色に戻る
セラミックやダイレクトボンディングと違い、自分の歯を隠して白く見せるのではなく、自分の歯を白く出来る施術費用は多くはないが、永遠に白い歯にしたい為には永遠に歯医者に通い続ける必要がある
当日の施術だけでも効果が分かる薬剤濃度が強い為、個人差があるが施術中にシミ、痛みが出る
セラミックなどと違い保険適用外にはなるが払える費用の額虫歯がある場合は悪化するか、強い痛みが出てしまう

コメント

タイトルとURLをコピーしました