PR

幼児体型は胃下垂の原因と同じ!最適な痩せ方を紹介!

ダイエット
この記事は約3分で読めます。
当サイトはPR提携をしています

幼児体型と胃下垂は同じ原因である事は知っていましたか?
幼児体型の特徴をおさらいします。以下幼児体型の特徴です。

確認!幼児体型の3ポイント
①寸胴(ウエストにくびれが目立たない体型)
②ぽっこりと出たお腹や下腹
③胸が小さめ
他にも幼児体型と呼ばれる体型があります。幼児体型の特徴の詳細は「トップページ」で記載していますので参考にしてください。

上記の特徴がありますが、この中の①寸胴(ずんどう)と②お腹がぽっこり出ている事は胃下垂との関連性もあります。
胃下垂と言うのは「骨盤の歪みや開きが原因」で体内の内臓部分を骨盤が支える事が難しくなり、下に垂れる事が原因にあります。
この「胃下垂」となぜ「幼児体型」が関係しているのかと言うと実は幼児体型も骨盤の歪みや骨盤の開きが原因になるからです。
幼児体型で寸胴(ずんどう)やお腹がぽっこりと出ているのは、骨盤に歪みや開きがある為に、内臓を支えきれずに垂れさがってしまっているのでぽっこりとお腹が出たり、お腹が出なくてもくびれが付かない寸胴(ずんどう)と呼ばれる体型になってしまうのです。

チェック!骨盤の状態による体型の違い

 

骨盤に歪みやズレがある場合寸胴と呼ばれるウエストにくびれが目立たない体型になりやすい
骨盤に大きな開きがある場合内蔵がさらに下に下がり、お腹がぽっこりと出てしまうケースが多い

 

特に食べ物を食べた時に大きく出る場合は胃下垂と判断していいのか、幼児体型と判断していいのか迷いますが、どちらも「骨盤が通常ではない」と言う点で同じです。
すなわち対策する改善方法・治し方も同じになります。

胃下垂と幼児体型の痩せ方・治し方

胃下垂と幼児体型は共に原因は「骨盤の歪みや開き」にあると記載しました。
それでは胃下垂と幼児体型の治し方はと言うと簡単ですが、「骨盤矯正」のみです。
胃下垂は100%骨盤矯正のみで治ります。しかし、幼児体型は大きく3種類あり、その中で胸が小さい事も含めて幼児体型と言う場合がありますが、この場合は骨盤矯正をしても胸は大きくなる事はないので、胸を大きくする事も含めて幼児体型を治すという定義の場合は、胸は別途「バストアップ対策」で治すという形になります。

骨盤矯正の結果、ウエストにくびれが付いたり、お腹が凹んだりすると胸が小さいとは感じなくなります。
通常のバランスで違和感が無いと感じるからです。
女性の場合でお腹やウエストが改善されても、女性らしい体型を希望したくバストアップもしたいと考える場合は通販などでバストアップのサプリメントなどが売られていると思います。
このようなサプリメント商品での対策ならば毎日飲むだけなので、骨盤矯正対策と同時進行が出来る事と思います!また、確実にバストアップを目指すなら美容外科などの豊胸手術などもありますが、手術までしなくても現在はサプリメントで十分対策が出来ますね!

ウエストのくびれ対策もぽっこりお腹対策も、どちらも「骨盤矯正」で痩せる事が出来る、治す事が出来る、ダイエットが出来ると理解しておいて間違いないです。

まず実践する方法としては「骨盤矯正」ダイエットからスタートとするのが望ましいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました