PR

譲葉丁銀(ゆずりはちょうぎん)の価値・買取額&通販情報!

古銭・切手
この記事は約2分で読めます。
当サイトはPR提携をしています
大和

譲葉丁銀は、「ゆずりはちょうぎん」と呼ばれ希少な丁銀の1つです。

譲葉丁銀はの価値は1000万円以上も!?萩古丁銀に似ている!?

萩古丁銀に似ていますが、萩古丁銀よりもさらに、細長い譲葉(ゆずりは)の様な形状である事から譲葉丁銀(ゆずりはちょうぎん)と呼ばれています。

萩古丁銀と同じように希少であり、鋳造量も明らかになっていません。
日本貨幣カタログにも鋳造量は「不明」との記載のみです。

萩古丁銀と並べて紹介される事が多いのは鋳造量不明の丁銀と言うだけでなく、その買取価値も同じです。

萩古丁銀と同じように上品だと1000万円を超えるケースもあり、下品でも400万程と、万が一祖父の遺品にあったら大きな相続品にもなりそうですね!

萩古丁銀については別途以下のページで紹介しています。

譲葉丁銀(ゆずりはちょうぎん)のランク別価値の紹介

ランク別価値の紹介(日本貨幣カタログ)

(上)丁銀判定1000万円前後
(中)丁銀判定700万前後
(下)丁銀判定400万前後

通販でも購入はほぼ不可能!?希少な譲葉丁銀を見つける事が難しい!


希少性が高いこの時代の丁銀は、品位不明、量目不明、鋳造量不明にて所持している人の絶対数がとても少ないのが現状です。

ネット上で大手の古銭屋でも、販売しているパターンはほぼ見かけません。

大手通販内の古銭屋ショップで、譲葉丁銀と検索してもほぼ毎日一件もヒットしない状態が続くでしょう。

万が一、通販でもオークションやフリーマーケットでも譲葉丁銀を見かけたらまずは日本貨幣商協同組合の本物証明書の有無を確認しましょう!

古銭屋については別途以下のページで紹介しているので参考にしてください。

譲葉丁銀はレプリカが多い!?

多くの場合、参考品(レプリカ)のほうが出回っている可能性が高いでしょう!
以下大手通販で「譲葉丁銀」と検索した結果一覧。

譲葉丁銀の検索結果一覧(大手通販内)

posted with カエレバ

まとめ

譲葉丁銀っぽいって思ってもまずはレプリカ(参考品)を疑いましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました